内郷地区
内郷地区
1.常磐炭礦内郷礦中央選炭工場
中央選炭工場
常磐炭田で最大最新設備を誇った選炭工場跡です。坑外へ搬出した石炭からズリを取り去り、塊炭と粉炭を選り分ける作業を人力から機械化へ移行。
内郷地区
2.三星炭礦の大煙突
大煙突
明治42年(1908)5月建造。竪坑掘削用の動力汽罐増設のために造られ、炭鉱の盛況の時代を象徴するものとなっています。
内郷地区
3.常磐炭礦内郷礦水中貯炭場
水中貯炭場 全国初の水中貯炭槽として、昭和29年(1954)10月に完成。石炭の品質・カロリー低下防止を図りました。
内郷地区
4.住吉一坑の2つの坑口
坑口 左側坑口は石炭や資材を運ぶ「本卸」(ほんおろし)、右側坑口は坑夫等人間を運ぶ「連卸」(つれおろし)です。
内郷地区
5.住吉一坑の扇風機上屋
扇風機上屋
坑内の空気を外へ排出するため、巨大な扇風機を設置しました。レンガ造りの強固な上屋は木々に覆われながら現存しています。
内郷地区
6.内郷山神社
山神社 大鳥居は危険防止のため取り壊されましたが、石碑と大石段は炭鉱が隆盛だったことをしめしています。現在は内郷公園として利用されています。
内郷地区
7.内郷山神社の相撲場
相撲場 ローマの円形劇場(コロシアム)を彷彿とさせるような観客席まである相撲場で、力自慢の炭鉱マンがこの場所でぶつかりあった。
内郷地区
8.みろく沢炭鉱資料館
みろく沢炭鉱資料館 館長の渡辺為雄氏が長年に渡り、炭鉱関係用具・資料を収集し展示しています。
平成19年(2007)には露頭している石炭を掘削、実際の石炭層が見学できます
 
 
   

好間地区
好間地区
1.古河好間炭礦の専用鉄道橋梁
専用鉄道橋梁 明治41年(1908)、山元と綴駅(現内郷駅)の専用鉄道で、好間川に堅牢な石と赤レンガの橋脚と鉄橋をかけました。現在も当時の名残を留めています。
好間地区
2.産業戦士の像
産業戦士の像

昭和19年(1944)、戦意高揚のため、美術家や美術学生らによって製作された像です。同様のものがいわき市石炭・化石館にもあります。

好間地区
3.古河好間炭礦専用鉄道第一鬼越隧道
鬼越隧道 内郷から好間につづく煉瓦造りのトンネルは今もひっそりとたたずんでいます。

湯本地区
湯本地区
1.湯本山神社
湯本山神社 各坑にあった山神社は、集約されこの湯本山神社にまとめられていきました。毎年盛大な山神祭が行われていました。現在でも、お正月の行事などが行われています。
湯本地区
2.自治会館跡の階段
中央選炭工場 昭和11年(1936)8月、入山採炭(株)・労働自治会が建設。閉山後も利用されていましたが、老朽化により解体。現在は階段のみが残っています。
湯本地区
3.湯本第六坑人車坑
湯本第六坑人車坑 石炭は戦後経済復興の重要資源でした。昭和22年(1947)昭和天皇が東北巡幸の最初の地として常磐炭礦を訪れた際に入坑した人車坑です。
湯本地区
4.湯本第五坑人道
湯本第五坑人道 石炭採掘が発展すると、石炭を運ぶ坑口と人員を運ぶ坑口は別々となり、人道として専用に作られました。
湯本地区
5.常磐炭礦綴(つづら)坑ズリ山
綴(つづら)坑ズリ山 常磐地区でずり山としての様相を留めている所です。湯本側から見るとその姿がはっきり分かります。
湯本地区
6.常磐炭礦磐崎砿石炭積込場
炭礦磐崎砿石炭積込場 石炭貨車に石炭を積込、専用鉄道で湯本駅まで運びました。周辺には選炭場などの関連施設やずり山が残っています。
湯本地区
7.常磐炭礦磐崎砿扇風機座
磐崎砿扇風機座 風洞坑、点検坑として利用されました。ここに巨大な扇風機を設置し、2つある坑口の内1つを排気用として利用、一方は入気用として常に空気を送り込んでいました。
湯本地区
8.常磐炭礦磐﨑砿本坑
磐﨑砿本坑 巻き揚げ機(復胴)ー炭車で石炭を揚げていました。長倉炭として良質の石炭が採掘されました。写真左側に「磐﨑連坑跡」「人道坑跡」があります。
湯本地区
9.軽便鉄道トンネル
軽便鉄道トンネル 明治20年(1887)磐城炭礦小野田坑〜小名浜を結ぶ軽便鉄道のトンネル跡(約300m)。岩盤を素掘で掘削し、石炭や人を運んでいました。

茨城地区
茨城地区

1.常磐炭礦上ノ山礦石炭積込場

上ノ山礦石炭積込場 コンクリート製の大規模な石炭積込場。
茨城地区
2.常磐炭礦中郷新坑選炭場・万石
中郷新坑炭積込場 昭和46年、突然の出水により中郷新坑が採炭不能となり、選炭場・万石が残された。
茨城地区
3.常磐炭礦神ノ山礦炭鉱住宅
炭鉱住宅 往事を偲ばせる炭住群。雰囲気がありフラガール撮影地として見直されている。
茨城地区
4.常磐炭礦中郷礦住宅世話所
中郷礦住宅世話所 住宅世話所として原型を留める世話所である。いわき市石炭・化石館にある世話所のモデルになった
茨城地区
5.炭鉱倶楽部
炭鉱倶楽部 往事を偲ばせる木造作りの倶楽部。保存が望まれる。
茨城地区
6.映画フラガールセット
映画フラガールセット 映画フラガールの撮影の為移築されたセット。
     
     

caution

 


 いわきヘリテージ・ツーリズム協議会
 〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1 いわき市石炭・化石館内 TEL0246(42)3155 FAX0246(42)3157
 |ホーム概要・活動内容歴史産業遺産ルート証言者Blog|常磐炭田マップ|平地区|小名浜地区|八茎地区|お問い合せ