菅野勝雄
動画を見る
 名 前 菅野 勝雄(かんのかつお)
 分 野
閉山・生活
 常磐炭礦OB
昭和46年の常磐炭礦(株)磐城礦業所閉山闘争時に労働組合書記長として4千人の組合員と共に会社との交渉に当たった。その後、この大闘争と組合員全員の生活を記録した名著「地底との訣別」編集責任者として活躍するなど自他共に許す炭鉱歴史や生活の証言者である。
中田信夫
動画を見る
 名 前 中田 信夫(なかだのぶお)
 分 野 技術
 常磐炭礦OB
常磐炭礦(株)磐城礦業所の中核、採炭部門の責任者として温泉地帯を掘り進むという世界に例を見ない劣悪な坑内条件を克服し石炭を生産した。閉山後、常磐方式の採炭技術を動画で再現したDVDを作成、又「語り部」として豊富で貴重な体験の伝承に努めている。
   
円谷裕一
動画を見る
 名 前 円谷 裕一(つむらややすいち)
 分 野 閉山・労務
 常磐炭礦OB
常磐炭礦(株)磐城礦業所の第一線で常に「一山一家」を掲げた労務対策に当たり組合からの信頼も厚かった。閉山後の社員の再就職や企業誘致、会社の多角経営(炭鉱から観光へ)等に注力し、地域の再活性化に果たした役割は大きい。
永山亘
 名 前 永山 亘(ながやまわたる)
 分 野 炭鉱資料収集
 常磐炭礦OB
長く常磐炭礦(株)に勤務し採炭現場の移動に伴う用地・地域対策に当ってきた。その豊富な知識と地域関係者との繋がりの中で早くから炭鉱資料の収集を行い散逸防止に努めた。炭鉱関係書物の出版時には常に編集者の一員となり炭鉱の歴史を世に出している。
   
渡辺為雄
動画を見る
 名 前 渡辺 為雄(わたなべためお)
 分 野 技術
 みろく沢炭鉱資料館館長
自ら坑内労働者としての経験と技術を生かした炭鉱資料館を創設し、収集した豊富な写真や道具類を展示している。2002年1月には「みろく沢炭鉱資料館写真集」を発刊し、資料館もマスコミに度々取り上げられた。来訪者には自作のトロッコ運転を披露し、そのユーモア溢れる解説は他の追随を許さない。
秋元高義
動画を見る
 名 前 秋元 高義(あきもとたかよし)
 分 野 技術
 常磐炭礦OB
東京大学鉱山学部を卒業後、常磐炭礦(株)に入社し採炭現場の責任者として高温多湿の劣悪な坑内で近代的技術を駆使した採炭に従事した。当時の技術交流で九州や北海道の採炭技術にも詳しい。その後会社の事業転換により観光部門の責任者として活動し「炭鉱から観光へ」の証言者でもある。
   
熊澤幹夫
動画を見る
 名 前 熊澤 幹夫(くまざわみきお)
 分 野 ガイド
 いわきヘリテージ・ツーリズム協議会事務局長
短期間ではあるが自らの坑内作業の経験を生かしたガイドをしている。常磐グループに長く勤務し炭鉱関係者との知り合いも多く、持ち前の研究熱心さもあり、ガイドグループの中心として活躍している。
野木和夫
動画を見る
 名 前 野木 和夫(のぎかずお)
 分 野 ガイド
 常磐炭田史研究会 副会長
昭和41年常磐炭礦に入社、短期間ではあるが坑内作業の経験がある。その後は系列会社に移ったが、炭鉱関係者との知り合いも多く父親も常磐炭礦に勤務していたという経験を生かしたガイドをしている。
   
結城良一
動画を見る
 名 前 結城 良一(ゆうきりょういち)
 分 野 炭鉱・生活・文化
 常磐炭礦OB
坑内最前線の採炭現場で自らも石炭を掘り又、採炭チームの長としても活動していた。重大事故にも遭遇し九死に一生を得た経験もある。若いうちから俳句などの文学に造詣が深く経験者ならではのヤマの生活を詠んだ句集も出している。
坂本征夫
 名 前 坂本 征夫(さかもとゆきお)
 分 野 炭砿から観光へ
 常磐興産
親は常磐炭礦(株)の幹部であり小さい頃から炭鉱の独特の雰囲気や人脈を経験していた。入社以来観光部門で活躍したが、「炭鉱から観光へ」というテーマではこの経験を活かした独特の切り口で何故「ハワイアンズ」が長期間人気を保っているか・・・を炭鉱との関連で解説している。
     
    順不同

caution

 


 いわきヘリテージ・ツーリズム協議会
 〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1 いわき市石炭・化石館内 TEL0246(42)3155 FAX0246(42)3157
 |ホーム概要・活動内容歴史産業遺産ルート証言者Blog|常磐炭田マップ|平地区|小名浜地区|八茎地区|お問い合せ